竹と次世代の共生プロジェクト

【山梨県南部町】自然と景観を活かした産業とグリーンツーリズム

竹と次世代の共生プロジェクト

竹と次世代の共生プロジェクト



山梨県南部町では竹林被害が問題となっています。
竹は成木になる期間が極端に短く(4年程度)、森林浸食を
加速度的に広げます。
竹と次世代の共生協議会では、南部町の竹林被害を逆手に取り、
竹を活用した取り組みを行い、将来的に「竹と次世代の共生」が
行われていくモデルを南部町で構築します。
竹を活かした産業づくりとして、南部町の竹を利用した製品と、
付加価値のある農産物生産のブランド化と販売チャンネルの
確立を目標にしています。

現状は、地域のやっかいものとしかなっていない竹です。
このプロジェクトでは、荒れ果てた竹林を整備し、
竹の香や隙間からそそぐ日差しを感じ、自然と歩きたくなる
竹林道の整備を行います。これにより、地域住民が竹に
愛着を持ち、竹の健全な生育環境を整え、地域外の方にも
竹をPRしていきたいという機運を盛り上げます。
さらに、来訪者も楽しめる空間形成を行うことで、竹を核とした
観光誘客の促進を図ります。

竹と次世代の共生協議会の意義

  1. 南部町の竹を利用した、竹炭と竹酸液の製造
  2. 竹炭と竹酸液を利用した農作物の生産し、竹野菜としてのブランド化
  3. 竹炭と竹酸液を利用した農作物の新たな販売チャンネルの確立
  4. 竹林の整備、竹を活かした体験プログラム等による交流人口の拡大
  5. 竹林の整備、たけのこの生産、加工、販売に至る事業を融合し、それらに従事する新規雇用の拡大